「時間がない」は言わない

わたしは毎朝4時過ぎに起きます。

いまの季節の朝4時過ぎは、まだ外も暗く明かりが点いているお家も少なく、その時間に活動することにちょっとだけ得をした気分になります(笑)

4時過ぎに起きるのは、6時前に家を出る主人のために、
朝食にサンドイッチと、昼食のお弁当を作るから。
それと仕事中に飲めるように水筒も用意します。
サンドイッチのパンが4時過ぎに焼きあがるので、決して寝坊はできません(笑)

それが終わるとその日に着るシャツとスーツの点検です。
わたしはアイロン掛けが下手なので、だいたい当日朝にアイロンをかけます。

そこまでするとちょうど主人を起こす時間。
起こして準備を促し、玄関で見送りを終えると6時前。
ここから出勤のため家を出るまでが、わたしの自由時間

前夜に録画したドラマを観たり、読書をしたりします。

話しはかわりますが、娘がまだ中高生だったころの6年間、わたしはPTAを務めさせていただきました。

娘の通っていた学校は大学まであるエスカレーター校。
そこで役員として多くの方々と接しましたが、一度も皆さんから「時間がない」と聞いたことがありませんでした。

皆さん一部上場企業の社長さんだったり、誰もが知っているような創業者一族だったり、有名人だったりと凄く忙しいはずなのにです。

そして皆さんが口を揃えて言っていたのが、「時間がないと口にする人に、本当に時間がない人はいない」ということでした。

彼らが言うには「時間は自分しだい」なのだそうです。
そんな彼らからのメールはいつも朝5時過ぎ。
そのメールの最後に「これからランニングに行ってきます」と書いてあったりして感心したものです。

「時は金なり」
時間は皆平等に与えられた財産。
裕福な友人達にも、金コマのわたしにも平等です(笑)

わたしは「時間がない」と口にせず
出来ることは直ぐにやる!を心がけています。

これだけで、ちょっとプチセレブになった気がします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする