プチセレブを目指すなら毛玉退治から

今日は私の愛用品をご紹介

南部箒の和洋服ブルームです。

南部箒? 何それ? という方も多いと思いますが、有名なのは10万円の箒です。
「南部箒」で検索するとすぐ見つかります♪

このブルーム、モデルチェンジのために在庫整理セールで、35,000円の商品を20,000で買ったのですが、お値段以上に働いてくれています。

どんなかというと・・

使用前

ちょっとわかりにくいですが、このウールのスカート。

繋ぎ目のあたりを中心に、毛玉になる前の「毛羽」がたくさんできています。

この毛羽を放っておくと、毛玉に成長してしまいます。

毛玉になったらチョキチョキと切ることになりますが、生地が薄くなっていくし避けたいですよね。

そこで2〜3回着用して毛羽立ったなと感じたら、このブルームで記事の目に対して斜めにコシコシします。

そして最後に生地の目にそって、上から下に一撫でして目を揃えます。

使用後

画像ではうまく伝わらないかもしれませんが、毛羽がなくなって、光の反射が均一になりました。

今の時期は街中でも高価なウールコートに身を包んだ女性を多く見かけますが、毛玉があるだけで高価さが半減しているように感じます。

毛玉のないウールコートはそれだけで新品感が出るので、たとえ数年物でもみすぼらしくならないと思います。

お尻の後ろや肘、袖が擦れるところなど、毛羽をマメに退治しておくと、お気に入りのコートも長く着られて節約になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする