開脚プログラム 報告(1週目)

(Amazonで購入する)

4週間でベタッと開脚ができるようになることを目指して、1週間が経ちました。

もともと身体が劇的にかたい私でも、ベタッと開脚ができるようになるのか、実況します。

初日

A:床で開脚をした時の左右の膝の内側の距離
→53センチメートル

B:開脚をして手を床につけた時の股間から手首までの距離
→43センチメートル

1週目(2017/01/28)

A:床で開脚をした時の左右の膝の内側の距離
→63センチメートル

B:開脚をして手を床につけた時の股間から手首までの距離
→50センチメートル

Aは10センチ、Bは7センチ、遠くまで届くようになっています。

1週目を終えた感想は、身体が柔らかくなっている手応えはまだありませんが、身長が伸びた気がします。

これは姿勢が良くなったため目の位置が高くなったと想像できます。

では、なぜ目の位置が高くなったのか?

自分なりに考えてみました。

例えば、開脚プログラムは股関節の矯正にも効果があるそうです。

なので股関節が開いていたのがストレッチにより適正な内側に戻ったため、実際に数ミリ身長が伸びている。

または膝の後ろなど普段伸ばしていなかった部位を伸ばすことによって、縮まっていた関節間が柔らかくなり実際に脚が数ミリ伸びている。

などなど考えてみましたが、比較対象になるデーターがないので、実際のところは分かりません

この経過で本当に開脚して肘が床につくのか、順調なのかどうかも分かりませんが、4週間でどうなるのか、毎週ご報告したいと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする