今日は2月1日。頑張ったみんなに桜咲きますように

2月1日と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、「中学受験」です。

これ、東京で中学受験を選択したご家庭の母なら、きっと同じではないでしょうか。

もう10年以上前になりますが、娘も中学受験をしました。

もっと娘が小さな頃に、お受験も考えました。
でもその当時住んでいた周辺にはお教室がなかったこと、義母が「この地区なら公立でも大丈夫よ」と勧めてくれことから、公立小学校に進学しました。

中学受験は育ち盛りの子供が遊ぶ時間を削り、たくさんの時間を勉強に費やします。

このことからも、賛否両論あると思います。

でも私は、娘には中学受験をさせて良かったと思っています。

中学受験の勉強は、小学校で学ぶ範囲をかなり超え、中学生・高校生が解く問題まで習うのです。

でも努力は無駄になることはないと思います。

大学で知り合う友人の中には、公立コースで進んできた学生も多くいます。

その友人達と「むかし習ったこと」を話した時に、「塾で習ったこと」で自分には知識がついていることや、「私立だから授業で習った」ことが多々あることに気がついたそうです。

また、中学受験を選択して良かったと思える一番の理由は、たくさんの素敵な友人に囲まれていることです。

これは母子ともにです(笑)

中学からずっと一緒に過ごしていますから、もう10年以上のお付き合いです。

校訓や教育方針から学校を選んでいますから、ご家庭の教育方針も近いものがあるので、門限やお小遣いなど考え方が似ているところも過ごしやすいです。

娘が中学受験をしてくれたおかげで、私は多くの富裕層や会社経営者や有名人とお知り合いになれました。

「同じ学校の保護者」という特殊な世界でなければ、一生言葉を交わすことのなかった方々だと思います。

自分とは別世界の方々と知り合い、楽しくお話しをしたことで、もっと上を目指そうという気持ちがうまれました。

人生って、やっぱり「縁」ですよね

今日から始まる1週間で、大切なお子さんの将来が変わります。

きっと胃が痛くなるような時間だと思いますが、受験生を抱えるご家庭に幸ありますように

頑張った受験生に満開の桜が咲きますように

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする