金コマは、らっきょうをこう使う

らっきょうを食べたあとの汁を捨てていませんか?
らっきょうの汁は再利用すると2度おいしく、金コマの強〜い味方なんです。

私が買っているらっきょうの汁は次の原材料でできています。

砂糖・ぶどう糖果糖液糖、水あめ、醸造酢、はちみつ、食塩、レモン


これ、使わない手はないですよね。

そこで、らっきょうを食べきったあとの残り汁に、スライスした玉ねぎを漬けてみました。

こんな感じです。
これは100gのらっきょうを食べきった残り汁に、玉ねぎ1/2個をスライスして漬けました。

薄くスライスした玉ねぎであれば、翌日には美味しい簡易ピクルスになります。
少し大きめの食材であれば、数日おくと味がしっかり浸透し美味しいようです。

玉ねぎの他にも、夏ならミョウガやキュウリ、冬なら蕪や人参でも
美味しいピクルスになります。

この再利用ピクルスですが、注意点が3つあります。

  1. 雑菌予防のため、らっきょうは全てキレイな箸でとる。
  2. 野菜はキレイに洗い、キッチンペーパーで水分をおさえたものを使用する。
  3. 酢は酸が強いので、食べ過ぎない。

この3番は注意が必要です(笑)
食べすぎると胃腸に影響が出ることがありますので、適量にしましょう

らっきょうの汁って酸が強く、そのまま排水口に流すのって勇気がいりますよね。
排水口が錆びたりしないのかな・・って。

でもピクルスに再利用された汁は野菜の水分を含んでいるので、少し薄まり
排水口に流すためらいも軽減される気がします

一石二鳥な汁の再利用を活用し、美味しく幸せな食卓を囲みながら節約しています。