開脚プログラム 報告(3週目)


(Amazonで購入する)

開脚プログラムを始めてから、もう3週間すぎました。
すっかり習慣化し、お風呂あがりは自然とヨガマットのうえで体操しています。

測定結果

初日

A:床で開脚をした時の左右の膝の内側の距離
             →53センチメートル
B:開脚をして手を床につけた時の股間から手首までの距離
             →43センチメートル

1週目(2017/01/28)

A:床で開脚をした時の左右の膝の内側の距離
             →63センチメートル
B:開脚をして手を床につけた時の股間から手首までの距離
             →50センチメートル

2週目(2017/02/05)

A:床で開脚をした時の左右の膝の内側の距離
             →56センチメートル
B:開脚をして手を床につけた時の股間から手首までの距離

             →59センチメートル

3週目(2017/02/12)

A:床で開脚をした時の左右の膝の内側の距離
             →60センチメートル
B:開脚をして手を床につけた時の股間から手首までの距離

→55センチメートル

この結果どうなの?

うーん・・・
どうも順調とは言えないようです。

開脚プログラムは、毎日する体操2種と週替わりの体操の1種で構成されています。
毎日する2種の体操はお尻の筋肉(とくに中臀筋と小臀筋)を直接ストレッチしている感覚を得られます。
1週目の週替わりメニューは薄筋をぐいぐいとストレッチしている感覚があり、身体がかたい私でもベタッと開脚ができるかもと期待しました。
ここにきて停滞気味なのは、2週目・3週目のストレッチと我が家の造りがマッチしていないからだと思います。
先週も書きましたが2週目のプログラムに使う「壁」が我が家にはなかったこと。
そして今週のプログラムは「背もたれのある椅子」を使うのですが、我が家にある椅子はオーダー品の総革張りばかり。
3日ほどトレーニングしたあとふと座面を見ると、革に傷がーーーー!
もう泣きますよね。
ですので週替わりメニューは3日で断念し、毎日の2種だけしていました。
それが今週の結果にでてしまったようです。

そしてここで新たな問題が!
4週目の週替わりメニューは「両サイドに脚の長さ分の壁があるドア」を使うのです。
はい。我が家にはそのような壁はありません。
ドア枠には飾りがついていて、脚をくっつけて押し付けようものなら、ピンポイントに押され痛くてたまらないと思います。
それに廊下がほとんどない造りなので、脚の長さほどある壁がありません。

さて、今晩からどうやって週替わりメニューを行うか考えないと。
壁のかわりになりそうなものはないかな〜

いよいよ最終週です。
4週目が終わってどうなっているのか、最終報告は来週です。
お楽しみに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする