金コマ・アラフィフ主婦が「まんがで変わる 仕事は楽しいかね?」を読んでみて何か変わったのか

本の概要
この本は デイル・ドーテン著「仕事は楽しいかね?」を原作とした漫画版です。
原作は物語の舞台が空港でしたが、本書はカフェを舞台に展開します。

カフェで働くアルバイト店員の奈津は現状に不満があるわけではないけれど満足もしていない。
かつて自分が思い描いていた未来と違っている「いま」になんとなく疑問をもっている。
そんな時に一人の老人と出会い、奈津の日常生活に変化が起きはじめる・・


Amazonで購入できます。

読んでみて
マンガの間に見開き数ページにわたる解説が文章で入るのは、本を読みすすめるのにはちょっとリズムが悪く、物語に没頭できないところが残念です。
物語の運びも原作とは違うので、原作を読んだことのある人には違和感があるかもしれません。
でも初めて読む人には入りやすくオススメできます。

「試してみることに失敗はない」
本書の基幹となる言葉ですが、この言葉いまの私にぴったりです。
思っているだけ、想像しているだけでは何も変わらない。そう思い、このブログを立ち上げました。
私がブログを書くなんて上手く行くはずない。面白い文章なんて書けないし、クソ真面目なただの平凡な主婦の雑記ブログを読みたい人なんていないんじゃないか。誰も閲覧してくれなかったらどうしよう。そんな心配が先にたち、なかなか重い腰をあげられなかったのです。
それでも、やっぱり試してみたく、書くことを選びました。
まだまだ上手く行くか不透明なブログです。
失敗したら辞めれば良いだけだ、試してみなければ始まらないと、気持ちが軽くなりました。

読んで何か変わったか?
わたしの目標は「脱・金コマ」です。
そのためにはいろいろな運を引き寄せることが必須です。
運を引き寄せるためには、縁をつくらなければならないし、そのためには行動を起こさなければなりません。
毎日を笑顔で感謝の気持ちをもって丁寧にすごすように心掛けていますが、いまこのタイミングで本書を読むということで、より心掛けを実践しつづけることに自信がもてました。
主婦という仕事は気を緩めると存在価値に疑問が出てしまいます。
いまこの場所にいるのは自分でなくても良いのではないか、自分は誰かの役にたっているのか・・と。
そうではなく、主婦の仕事を長年つづけてきた私だから、私にしかできないこと、私らしくできることがあるんだ。
主婦の経験が長いからこそ書ける記事があるんだと信じ、もうしばらくブログを続けてみよう。
読んでみて変わったことは、試しつづけていることに自信がもてたことです。

では、また明日。

私がブログで紹介した商品を集めたAmazonインスタントストアへはこちらから。
↓  ↓  ↓
インスタントストアへGO