金コマが無謀にもセレブのパーティーに潜入してみたよ

少し前にとあるお店でお買い物をしたら、そのお店の創業パーティーのご招待券をいただきました。
お金持ちになりたい私は、パーテイーに参加してしっかりとお金持ちらしさを吸収してこようと、張り切って行ってきました。

パーテイーの概要

会場は港区にある会員制国際クラブ「東京アメリカンクラブ」です。
金コマですから、当然会員ではありません。
こんな機会でもなければ、入ることができない場所です。

この東京アメリカンクラブについてHPから引用させてもらうと

A Tokyo institution since 1928, Tokyo American Club is a vibrant hub of international exchange, where the community of more than 3,700 members and their families come together to relax, learn, keep fit, socialize, do business and forge lasting friendships. "

1928年に設立された伝統ある会員制の国際クラブで、3,700名の会員(その他家族会員あり)に宴会場・図書室・フィットネスジムなど、会員同士が交流できたりリラックスする場を提供しているそうです。
会員になるには、現会員2名による推薦と英語での面接があるようです。
私の人生で会員になることはきっとありません。

パーティーの主賓は、某大臣やメガバンクの頭取、外国の大使などなどです。
これもまた人生でお会いする機会がないと思っていた方々です。
あの大臣て意外と小柄なんだな〜。

セレブなパーティーと普通のパーティーに違いはあるか

いままで参加したパーティーは結婚披露宴や子供の学校系、会社関係ばかりでしたので、イブニングドレスの美しい女性たちに舞い上がりました。
ムダ毛をきちんと処理した肩や背中にキラキラしたパウダーがはたいてあり、それだけで華があります。
マナー本などで「夜のパーティーは肩を出しロングドレスで」と書いてありますが、学校関係のパーティーはワンピースやお着物がほとんどだし、会社関係は皆スーツでした。
イブニングドレスなんてもちろん持っていない私は定番のワンピースで参加です。

そして会場には非売品の装飾品が飾られていました。
貴重なものだそうで、普段は博物館にあるような宝石です。

ネックレスにもなるティアラ。首につけたら痛そうですが・・やはりお洒落は我慢!?

カラット数の桁が違いすぎて、もはや何カラッとかわからないネックレスとピアス

いやぁ〜〜〜目の保養になりました。
ダイヤモンド好きです。いつかつけてみたいな〜。

このパーティーの目玉はビンゴです。
ビンゴといってもよくあるカードにプチっと穴を開けるアレではありません。
テーブルに置かれているネームカードに番号が書かれていて、パソコンのキーを押すと数字がとまる、ルーレット式のものです。
その景品が、参加されている某国大使館提供による、世界どこにでも行ける旅行券!
欲しい〜〜〜〜〜
そう簡単には当たりませんよね。
最初から当選者は決まっているのか私たちのような一般人ではなく、自費でどこにでも行けそうな出で立ちのご夫婦が当たっていました。

異世界なパーティーに参加してみて、背伸びしてでも参加してよかったと思いました。
自分も富裕層になったと錯覚します。でも脳にはその錯覚が大事と聞きます。
普段は金コマですが、いつかは「お金は湧いて出てくるもの。大事に使えばそれで良いの」なんて言えるくらいになれる気がしてきます。

明日の富裕層をめざして、頑張ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする