脱・ブロガー初心者になるためのお勉強中 HTML編

HTMLでの作業は必要か

昔IPAのシスアドとかの資格をとっているので、HTMLが何なのかは知っていました。
なので、HTMLね〜だから何?使えなくても困らないよね?みたいな感じでした。
それに、ライブドアブログは画面上で打ったとおりに表示されるので、HTMLタグを知らなくてもブログは更新できます。

そんなわたしがブログをカスタマイズしようと思ったキッカケは、どうしたらGoogleアドセンスの審査に合格できるのかをネットで検索したことでした。
(アドセンスの審査に合格した記事はこちら

うーん・・アドセンスって、調べれば調べるほど難しそう。
プライバシポリシーが必要?連絡先の欄が必要??見出しに飛ぶリストが必要???

ライブドアブログであらかじめ設定されているデザインだけでは無理みたい。
またまたネットで検索。できればお金をかけずに情報を得たいと思っちゃいますよね。

「なになに・・カスタマイズというところをさわれば作れる・・なるほど」

簡単じゃないかと思ってカスタマイズタブを開いてみると・・えーー?!全部HTMLでするの?!
もう〜何をどうすればいいのか、チンプンカンプンです。

「このままではこのブログは前進しない!」

そう思ったわたしは、いつもの本屋さんへ参考になる本を求めて走っていました。

こうやってブログのカスタマイズには欠かせないHTML勉強生活は幕を開けました。

HTMLにはバージョンがある

さて、いざ自分でカスタマイズしようと思ったものの、全然できません。
ネットで検索し、出てきたとおりにタグを打っても、見本通りには表示されません。

皆んなのブログにあるあのカッコいい見出しはどうやったらできるのだろう?
さっそく買ってきた本を読みます。

ふむふむ・・マスターブックによると、見出しには"<h1>"タグとかを使うらしい。
さっそくやってみた。

「あっ、なんかいい感じ〜」

見出しができるようになりました。
また、同じようにただ太字で見えるところも、"<b>"と"<strong>"では、検索した時に違いが出るなど、見た目では分からない違いが後々SEOに影響をおよぼすことがあるそうです。

ちなみに文中に出てくる”< >"で囲まれた部分がタグを表すので、”<strong>"部分も普通にそのまま書いたのではその部分が先頭タグと見られてしまい、終わりまで全てが強調された太字表記になってしまいます(笑)
"<strong>"のようにそのまま” < “をサイトで表記したいときは” < “部分を“特殊文字コード”で書く必要があります。
(特殊文字コードはたくさんあるので、ネットより本の方が辞典として使えて便利です)

そのほか、HTMLで表を作ることもできるそうです。

気をつける点として、HTMLにはバージョンがあるということ。
いま本屋さんで並んでいるのは”HTML5″です。

自分で見出しがつくれたり、改行してみたり、覚え始めると意外と楽しいものです。

これを機会に少しでも見やすいサイトを目指して勉強していこうと思います。
わたしの成長する姿もブログで報告できたら、嬉しいですね。

ネットでなんでも検索できる時代でも、自分にとって本当に必要な情報を早く得るためには、少しばかりの先行投資が必要なのかもしれません。

わたしが参考にしている本はこちらです。
(Amazonで見る)
 

同じようにブログ初心者で、どうやってカスタマイズして良いのか分からない方は、一度読んで見るのもオススメです。