漫画「恋は雨上がりのように」はキラキラまぶしい

コミック「恋は雨上がりのように」 眉月じゅん著(小学館)を読みました。
その感想をお伝えしたいと思います。

ストーリー

主人公 橘あきら17歳の女子高生
走ることだけに打ち込んできたあきらは、感情表現がちょっと不器用で誤解されることも多い。
そんなあきらが密かに想いをよせるのはバイト先の店長、近藤正己45歳バツイチ。
ちょっと寝癖がついていて、たまにチャックがあいていて、頭に10円ハゲがあって、いつも頭を下げて謝っている、子持ちの冴えないおじさんだ。
でもそんな近藤が大好きなあきら。
最初は密かに近藤のことを想っているあきらだったが、やがてその一途な想いを近藤に告げる。
あきらの真っすぐな想いに戸惑いながらも遠い昔の青い気持ちを思い出す近藤。
人生に一度しかない17歳の夏。あきらの眩しく切ない恋心の行方は・・・?

感 想

アラフィフのわたしは店長近藤よりの目線で読み始めました。
人生の荒波をそれなりに経験してきている中年は、ちょっとやそっとじゃ気持ちが動かないものです。
近藤もそんなどこにでもいる中年の一人。「うん、わかるよ。そうだよね」と共感してしまいます。
そんな近藤を17歳の女子高生が好きだと言っている。
そんなこと有り得るの!?
いや、待て、これは漫画だから。
疑心暗鬼になりながら読み進めて行くうちに、もう設定のリアルさなんてどうでもよくなってくる。
あきらのあまりにもキラキラと眩しい恋心。
なんでそんな冴えない男の一挙手一投足にドキドキできるの!?
息をするのも切なくなるようなあきらの恋心に、読んでいるこちらもキュンキュンしちゃいます。
「これは漫画だから」と擦れた大人のつもりで読んでも1巻を読み終える頃には、胸の奥がキュンとなり目頭が熱くなる切ないストーリーに、 雨あがりのキラキラ水滴がついた緑葉を思い浮かべながら若かりし頃の青い気持ちが想い出されています。

なにより些細なことであきらが嬉しそうな表情をするところが可愛くて良い!!
バイト仲間が近藤を臭いと言えば、近藤が脱いだシャツの香りをそっと嗅いで嬉しそうにするあきら。
おじさん・おばさんが同じことをしたら「変態!」の一言で一蹴されそうだけれど、恋する少女がするとかわいくてキュンとなるから不思議だね(笑)
これはドラマで見ちゃうと演じる俳優さんの印象がついて想像力が制限されてしまうから、ぜひ紙のコミックで自分だけの演出を脳内で加えながら味わってほしい作品。

ちょっと日常に疲れた中年の男性・女性にオススメしたい作品です。

( ↓ Amazonでも買えます)