ドロドロと狂気のコミック「あなたのことはそれほど」


あなたのことはそれほど」 いくえみ綾 著(祥伝社)

ドラマ化されるとのことなので、以前読んだ感想をお伝えしたいと思います。

ストーリー

医療事務としてクリニックの受付で働く三都は、結婚して優しい夫と二人で平穏に暮らしている。
そんなある日職場の飲み会帰りにある男性とバッタリ再会する。
その男とは、三都が高校生の頃に大好きで大好きで恋焦がれた初恋の相手 有島だった。
大人になった三都と有島はすんなりと男女の関係に。
しかし三都は夫がいる身、そして有島にも妻と子供がいることが判明。
せっかく初恋の人と結ばれたと思ったがその恋は「W不倫」であった。
周囲の人を傷つけるその恋の行方は・・・?




感 想

W不倫という題材は、アラフィフ女性にとってはもうありふれたお腹いっぱいなテーマであるが、そんなお腹いっぱい状態でもこのコミックはついつい読んでしまう。
よくあるW不倫ものは周囲を傷つけながらも本人たちは健気に純愛を貫き通して幸せ〜といった作品が多いなか、この作品は当の本人たちも純愛とは思っていないところが良い。
そしてこの主人公がダメで緩い女性なところもリアリティがあって良いと思う。

しかし・・・暗くて怖い。
三都の夫が壊れていく様は、もう恐怖でしかない。
これを実写で観るの勇気いるな〜〜〜。
実写版で主人公三都を演じるのは女優の波瑠さんらしいですが、コミックの三都はそんなに賢そうに見えません。もう少し緩そうなイメージ・・・。
そして賢い有島の奥さん。実際にこんなに賢い奥さんているのかな?
「夫の浮気は黙っていれば帰ってくるものよ」
と昔の女性は言っていたけれど、裏切られたことを知っても黙って待つなんて戦国武将のような戦略を冷静にとれる女性は尊敬します。
でも、この有島妻もちょっと歪んだ部分があり、賢い人が歪んでいると怖さ倍増!

最近ちょっとマンネリ気味の結婚生活で退屈気味なのよね〜と思っているそこの奥様、ぜひこの作品を読んでみてください。
きっと平穏無事が一番と思うはずです。
人生最後にもう一度恋をしてみたいと思っているそこの旦那様、これを読んだら気が変わると思います。
それくらいドロドロな男女のもつれが狂気となっていく様は怖いです。
それだけにファンが多く続きを楽しみにしている方もたくさんいるようです。
ちょっと、いやかなり怖い不倫ものに興味のある方はぜひ読んでみてください。