パートにも有給休暇はある?有給休暇が取れない時にする3つのこと

今日の記事は、一般企業やショップでパートとして働くあなたに向けた記事です。

パートで働いていると、有給休暇をとりたいと思うことって少ないですよね。
用事があるときはシフト調整をすれば休めるし、シフトに穴を開けると同僚に迷惑をかけちゃうし・・。
真面目に働いている人ほど、そう思うことが多いのではないでしょうか。
でもある日、家族が入院してしまったとか、自分が怪我をして休まなければならなくなったり。
そんな時に、ふと有給休暇を取れたら・・・と考えるかもしれません。

  • 今の職場にパートで働き始めてから有給休暇を申請したことなんてないという人。
  • 有給休暇を申請したけど、「うちの会社はパートには有給休暇の制度自体ないよ」と上長に言われた人。

これに当てはまる人は、自分が何日の有給休暇を持っているかを知っていますか?

私は職場で「パート就業規則」に書かれていた有給休暇を会社に申請した時に・・・

「うちの会社でパートが有給休暇を取得した実績はないから、規則には書いてあるけど実際にはないから取れないよ」

と断られました。
でも後から調べたら、本当はちゃんと取ることができたのです。

けっきょく私は有給休暇を使わずにパートを辞めました。

そんな経験から、同じようにパートで働いている人に私のような思いをして欲しくないと感じました。
きちんと自分の有給休暇について知ることで、コツコツ働いてもらえるお給料を守ってほしい。
今日はそんな願いをこめて、私が調べたパートの有給休暇についてお話しします。

有給休暇って?

有給休暇は「労働基準法」という法律で定められた休暇です。
有給というからには、お給料がでる休暇です。
※このお給料はいろいろな決まりがあるので、通常と同じとは限らないようです。

【労働基準法】
第39条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

なにやら難しく書いてありますが「半年間で働く約束の日数の8割以上ちゃんと勤務したら、雇われた日から半年経った次の日に10日間の有給休暇がもらえます」ということが書かれています。
この10日はパートではなく、フルタイムで働く人の日数です。

では、私たちパートについては書かれていないのでしょうか?

この後に、パートタイマーで働く私たちの有給休暇についても書かれています。

【労働基準法】
第39条3 次に掲げる労働者(一週間の所定労働時間が厚生労働省令で定める時間以上の者を除く。)の有給休暇の日数については、前二項の規定にかかわらず、これらの規定による有給休暇の日数を基準とし、通常の労働者の一週間の所定労働日数として厚生労働省令で定める日数(第一号において「通常の労働者の週所定労働日数」という。)と当該労働者の一週間の所定労働日数又は一週間当たりの平均所定労働日数との比率を考慮して厚生労働省令で定める日数とする。

  1. 一週間の所定労働日数が通常の労働者の週所定労働日数に比し相当程度少ないものとして厚生労働省令で定める日数以下の労働者
  2. 週以外の期間によつて所定労働日数が定められている労働者については、一年間の所定労働日数が、前号の厚生労働省令で定める日数に一日を加えた日数を一週間の所定労働日数とする労働者の一年間の所定労働日数その他の事情を考慮して厚生労働省令で定める日数以下の労働者

なんで法律って、こう難しく書いてあるんでしょうね〜〜

ここでは、「週3だけの勤務や月10日勤務など、正社員より少ない日数の契約で働く人の有給休暇の日数は、フルに働く人と比べれば少ないけれど、同じようなバランスをとった日数にします」と書かれています。

つまりパートも契約した日数に合わせた有給休暇があるということですね。

私の有休は何日あるの?

1週間の決められた労働時間が30時間に満たない人、または週4日以下の約束で働く人は、次の表に書かれた日数の有給休暇を持っています。
(それより多い人は除きます)

引用:東京労働局HPより

例えば、4月1日から週3日で働く約束で、半年間2割以内しか休まずに勤務したら、7ヶ月目の初日にあたる10月1日に5日の有給休暇の権利が発生します。

有給休暇はもらった日から2年間経つか、会社を辞めると消えてしまいます。
1年目に使わなかった有給休暇は、2年目に繰り越すことができます。

そして変わらず週3日働き続けて翌年の10月1日になったら、さらに6日の有給休暇がもらえます。
一年目の10月1日から二年目の9月30日まで1日も有給休暇を取っていなければ、繰り越した5日と合わせて、11日の有給休暇を持つことになります。

有休がもらえない!そんな時どうするの?

自分が何日の有給休暇を持っているのか確認する。

どの条件に当てはまるのかは、働く場所を管轄する労働基準監督署へ相談してみましょう。
これは電話でもできるようです。
電話番号は「○○区(○○市) 監督署」と検索すると出てきます。
この時に会社へ有休を申請できるのかなどを併せて相談しておくと安心です。

会社に有給休暇を申請してみる

会社に決まった申請用紙があればその用紙で、なければ何でも良いので紙に何時取るのかを書いて申請します。
電話や口頭で伝えても「言った」「言わない」となってしまっては困るので、書面での申請が安心でしょう。

労働基準監督署へ相談に行く

有給休暇を申請書で出したのに欠勤になってた!
そんな時は働く場所を管轄する労働基準監督署へ相談に行ってみましょう。
労働基準監督署は、労働基準法という法律に特化して取り締まることができる機関です。
会社に対してどんなことができるのか、有給休暇の法律を扱っている行政に相談することで、なにか解決する方法が見つかるかもしれません。

本日のまとめ

  • 有給休暇は法律で決まっている
  • パートにも一定条件を満たせば有給休暇がある
  • 有給休暇の日数は労働基準監督署に聞くとわかる
  • 有給休暇を申請して休んだら欠勤になったなどのトラブルは、労働基準監督署に相談してみる

いかがでしょうか。

パートで働く私たちにも、一定の条件をクリアすれば有給休暇があるようです。
有給休暇については、労働基準監督署で確認したり相談できるようですので、自分の有休に疑問がある時は確認や相談をしてみることをオススメします。