ワンランク上のライフスタイルを研究

「プロテインバーは甘くて苦手な私」が選んだ唯一のプロテインバー

筋トレをしている人なら誰もが気にするのが、タンパク質の摂取
タンパク質を効率よくカラダに取り込むためには、工夫が必要です。

もちろん私もトレーンング後に粉末のプロテインをシェイクし飲んでいます。

そして小腹が空いた時には、プロテインバーをおやつに。

本日は、このプロテインバーをご紹介します。

プロテインバーは甘くて苦手

気軽にプロテインを摂取でき、脂質や糖質をコントロールできることから、多くのトレーニーに愛用されているのがプロテインバー。

プロテインバーには、チョコファッジ味やダークチョコロート&ベリーフレーバーなどチョコレート系の風味が多くあります。

でも、どれも日本メーカーのチョコレートを想像して口に入れると、あまりの甘さに驚くことでしょう。
海外製のお菓子が苦手な私は、この甘〜〜いプロテインバーを一袋食べきることがキツい。
なんの罰ゲームかと感じるほどです。

「もっと甘くなくて食べやすいプロテインバーはないのかしら?」

「美味しくても価格が高いと続けられなくなるから、お手頃価格が良いな〜」

いろいろなメーカーのプロテインバーを買っては食べてみました。

そして、やっと出会ったのが、「プロフィット・ささみプロテインバー」。

甘くなく、食べ応えもあるプロフィット・ささみプロテインバーは、私にとって欠かせないアイテムとなりました。

プロフィット・ささみプロテインバーとは?

それでは、私が選んだ唯一のプロテインバーについて見てみましょう。

 

株式会社丸善が販売する、ささみから出来ているソーセージ。

この丸善さんは、チーズ入りかまぼこの元祖とも呼べる「チーかま」や、ちくわ・笹かまなどを販売している会社。
スーパーやコンビニ、駅のホームにある売店などで見たことがあるのではないでしょうか。

このささみプロテインバーは、私のご近所には売っているお店がないのですが、港区のコンビニには置いてあり見つけました。

プロフィットプロテインバーは二本入り

開けると、ソーセージが2本入っています。

写真の赤いテープを剥がし、向かって左手の金具部分をテープと反対側に倒し、一気に反対の金具まで引っ張ることで開封できるのも手軽。

手や口の周りを汚すことなく食べられます。

気になる栄養は?

ダイエット中の方、筋トレに励んでいる方、皆さん気になるのが栄養とカロリーですよね。

そこで、私がよく購入するプロテインクッキーとサラダチキン、そしてプロフィットのプロテインバーを比較してみました。

比較するのには、通常は同じ量で比較しますが、今回はグラムで統一するのではなく「一食あたり」になっています。
「この商品を選んだら、一食あたりにどれだけの栄養摂取になるのか」を考えた方が、一日の食事メニューを考えやすいから。

 

プロテインクッキー
(50g)
サラダチキン
(一袋110g)
プロテインバー
(2本130g)
カロリー(kcal) 190 128 138
たんぱく質(g) 25.0 27.2 22.2
脂質(g) 3.6 2.5 1.4
炭水化物(g) 14 1.5 9

 

比べてみると、どれも高たんぱく質なのが分かりますが、カロリーはサラダチキンと良い勝負ですね。

甘いものが平気なら、プロテインクッキーも選択肢の一つとして悪くありません。

しかし、甘いものが苦手な人なら、サラダチキンとささみプロテインバーのどちらかになるのではないでしょうか。

サラダチキンより手軽なポイント

比較してみた結果から、「なんだ。サラダチキンを食べれば良いのでは?」と思ったあなた。
このささみプロテインバーには、栄養素の他にも手軽で便利なポイントがあるのです。

1:常温保存が可能

揚げ物チキンやサラダチキンは、原則として冷蔵庫での保管が必要。

職場に共用の冷蔵庫があれば良いですが、お弁当を自席で保管している人も多いですよね。

そんな時は、これ。
ささみプロテインバーなら常温保存なので、机の引き出しに備蓄しておくことができるのです。

ランチにはもちろん、残業時間の前に小腹を満たしたい時など、思い立った時に食べられます。

2:手や服を汚す心配がない

揚げ物チキンやサラダチキンで気になるのが、肉汁や調理時の水分です。

肉汁たっぷりな揚げ物は美味しくてたまりませんが、うっかり洋服を汚してしまうとシミの原因になってしまうことも・・。

また、サラダチキンはそのまま食べようとすると、包装袋の中に溜まった水分がこぼれてしまいます。
包装袋の水分を難なく乗り越えても、食べるためにはお皿とナイフ・フォークが必要。
ランチや小腹が空いた時に食べるには課題が多すぎ流のが難点。

でも、このささみプロテインバーはソーセージなので汁が出ません。洋服を汚す心配は皆無です。

スッと剥いてパクッと食べられる優れもの。
効率よくたんぱく質を摂取できそうですね。

ソーセージは飽きないの?

このささみプロテインバーには、4種類の味があります。

  • プレーン:素材の味が楽しめます
  • ペッパー:黒胡椒がきいていてスパイシー
  • レッドペッパー:カレーに使用されるスパイスでカレー風
  • レモン味:レモンの香りでさっぱりとした感じ

4種類を回すことで、飽きにくくなります。

また、魚肉ソーセージと同じような調理に用いることもできるので、冷蔵庫の備蓄が少ない時にも便利です。

ささみプロテインバーのサラダ

例えば朝食時には、生野菜とささみプロテインバーのサラダで手軽にたんぱく質を摂取できます。

このように調理することで、さらに飽きることなくプロテインバーを摂ることができるのは魅力ですね。

今日のおさらい

トレーニーやダイエッターが積極的に摂りたいたんぱく質。
なかなか食事だけで摂取するのは、難しいものです。

そんな時に美味しくて便利なのが、プロフィット・ささみプロテインバー。

メリットは・・

  • 栄養はサラダチキンと良い勝負
  • 常温保存が可能
  • 手や服を汚す心配がない
  • 4種類の味がある
  • 調理も可能なので飽きずに食べられる

たくさん良いところがありますね〜〜。

でもデメリットもあります。

それは、売っているお店が少ないこと。

冒頭でも書きましたが、私のご近所には売っているお店がありません。

そこでオススメなのが、Amazonでのまとめ買い。

常温で長期保存ができるので、まとめ買いしておいても困らないです。

上手にたんぱく質をとって、締まったカラダを目指した楽しいトレーニングライフを!

桜子
この記事を書いた人
上質なものと美味しいものが好きな、東京在住のアラフィフ主婦。 丁寧で豊かな生活を心がけています。
SNSでフォローする

コメントを残す