そこの奥様、そろそろそのサンバイザーやめませんか?

今日も元気に自転車通勤で頑張ってます。

でも最近、通勤で困っていることがあるんです。

それは、自転車ですれ違う同世代か少し先輩の奥様方が身につけているサンバイザーが原因で、事故になりそうなことが増えていることです。

どんなサンバイザーかというと・・・

  • おばさんサンバイザー
  • おばバイザー
  • 溶接工バイザー
  • ダフトパンクバイザー
  • ダースベイダーバイザー

と、いろんな呼び名で呼ばれている、顔面を覆い隠すような黒いサンバイザーです。

こんな感じで走る自転車に遭遇したこと、ありませんか?

この、日焼け予防で顔を覆い隠す、このサンバイザーです。

なぜやめてほしいのか

サンバイザーそのものが悪いわけではないのですが、このサンバイザーを身につけている人とすれ違う時に、その人がどこを向いているのかわからなくて危険だからです。

これは私の住む地域に住む人に限ってなのかもしれませんが、自転車どうしがすれ違う時に、そのサンバイザーの人がどちらへ進もうとしているのか読み取りづらいのです。

法律や条例では自転車はお互いに左側に寄ってすれ違うことになっていますが、運転に自信のない人など、左に寄れない人もいます。

絶対に左側へ寄ってすれ違うというのならば、相手がどのルートを通るのかを考慮する必要性はないのかもしれませんが、道路事情によっては臨機応変な対応が必要になります。

そんな時に普通なら向かう方向に顔が向いていたり、顔が向かなくても視線だけは向いていたりします。

そうすると「あ〜あの人は右側へ進むのかな」と予測できたりします。

ところが、このサンバイザーは顔面を覆い隠しているため目線や顎などのパーツでの判断もできないため、視線はおろか顔がどちらを向いているのかも読み取れません。

そのため私の右側に向かってくるのかなと予想して私が左側へ寄ると、その人も同じ方向(私の左側)に向かってきたりして、あわわわわっ・・なんてことが日常的に起こります。

見た目での批判も多く見かけますが、見た目での話ではなく、安全性から困っています。

どうしてもそのサンバイザーが愛用なんだというのなら、せめて「相手からは自分が向いている方向が分かりにくいんだ」ということをわかって貰えたら、こんなに危険だと思わずにすむのかな・・・?

使う側の事情もある

このサンバイザーが根強い人気を集めているのは、使う側にとって良いものだからなのだと思います。

「やめてもらえませんか?」というからには、何か代替案を提案した方が良いですよね。

まず、便利なところを考えてみました。

  • 顔の日焼けを防止できる
  • 目からの紫外線流入を防げる
  • メイク崩れを防げる
  • ノーメイクでも隠せる
  • 手軽

こんなところでしょうか。

では、それぞれ、どんなものなら替わりになるのか考えてみます。

  • 目からの紫外線流入を妨げる → これはサングラスをすれば同じ効果はあるのかと思います。
  • ノーメイクを隠すことと、顔の日焼け予防 → これはマスクをすることである程度はカバーできると思います。
  • 手軽さ → これは何を手軽と感じるのかは十人十色なので、なんとも言えません。
  • メイク崩れを防げる → これだけは直接顔を覆い隠すサンバイザーの替わりになるものは見つかりませんでした。

マスクをすると夏場は暑いかもしれませんが、排気ガスを吸い込むことも防止できるので悪いところだけではないように感じます。

オススメする自転車用の日焼け対策

  • 大きめのサングラスをかける

目から紫外線が入ると脳がメラニンを作るよう指令を出します。
これが、シミ・ソバカスの原因になると言われています。

大きめのサングラスで目に紫外線が入ることを予防することで、美肌への道を助けましょう。

最近はメラニンレンズというものが出てきているようです。

メラニンレンズとは?
人工メラニンを特殊技術で配合した画期的なハイスペックレンズです。紫外線・ブルー光線をカットするので目の保護はもちろん視界もクッキリ。また、シミやそばかすの原因となる過剰メラニンの生成を抑えます。
引用元:Amazon商品ページより

  • セレブ風の帽子

大きめのつばがついた、セレブ風の帽子をかぶることで、顔を日陰にすることができます。

そしてサンバイザーでは無防備だった、頭皮の日焼けを防止することもでき、一石二鳥ですね。

頭皮の日焼けは薄毛の原因になったり、頭皮と繋がっている顔にも影響があり、たるみの原因にもなると言われています。

また、首の後ろを直射日光から守ることで、熱中症の予防にもなります。

セレブ風の帽子とサングラスで、顔にあたる紫外線を遮りましょう。

  • 日焼け止めクリームを塗る

私は紫外線アレルギーです。

なので普段から日焼け止めクリームなどの紫外線対策をしている方かもしれません。

紫外線に敏感なため意外と怖いと感じるのが、道路で反射して下からあたる紫外線です。

これについては、しっかりと日焼け止めクリームで対策するのが良さそうです。

紫外線は室内にもあるものです。

こまめに日焼け止めクリームを塗ることで、自転車に乗っている時以外でも紫外線を予防することに気を配れるので、紫外線を意識するということでもオススメです。

まとめ

  • 顔を覆い隠すサンバイザーは、いろいろな呼び名がある
  • サンバイザーで自転車を運転すると、すれ違う相手には自分の進路が伝わりにくい

今回の記事は、私のご近所に住む方だけに向けた内容になってしまい、すみません。
もちろん、サンバイザーをつけていてもキチンと運転している人への意見ではありません。

キチンとしている奥様は、そのままでいてください。

これは、サンバイザーをつけていて、自転車で車道の右側通行をしたり、自転車道を逆走することがあるとか、スクランブル交差点を歩行者と自転車の隙間をぬって自由気ままに渡ることがある・・・といった人だけに向けた記事です。

そこの奥様、そろそろそのサンバイザーやめませんかーー?