あなたの携帯料金は大丈夫?料金明細は毎月チェックした方が良いと感じた出来事

あなたの携帯料金は大丈夫?
間違えた金額を引き落とされていたりしませんか?
今日は我が家に起こった、料金明細は毎月チェックした方が良いと感じた出来事をお話しします。

始まりは光回線から

我が家のネット環境は、少し前までNTT東日本フレッツ光でした。

数年前に回線管理が解放され、NTT東日本の回線を使用しながら他社が管理する「コラボ光」が発売されました。

そんな時にスマホの機種変更のため、よく利用する独立店舗を訪ねる機会がありました。

機種変更の手続きを待っていると、A社光担当の販売員さんがやってきて「キャリアの光回線を申し込みスマホとセット割引にすることで、こんなに節約になるよ」と試算してくれました。
そして試算をもとに、とても熱心に説明してくれました。

説明では、スマホ代と家の光回線使用料をセットにすることで、携帯使用料金から2年間は携帯1回線ごとに1,500円ほどの割引があり、その後も1回線につき1,000円の割引が続くことがわかりました。

それまで契約していたNTT東日本のフレッツ光よりも安くなることがわかり、A社の光を申し込むことにしました。

後日手続きをするために店舗を訪ね、書面にサインし店員さんが機械処理をして手続き完了!
・・・のはずでした。

なんか携帯代が高いんだけど・・・

毎月の携帯代はweb明細を利用しているため、iPhoneの小さな画面で確認しています。

小さな画面なのでいろいろな項目を一度に表示できないため、上に下にと画面をスクロールさせて確認します。

全部の項目を確認してみましたが、コラボ光の使用料としてインターネット使用料は加算されていますが、セット割引という項目で引かれている金額は見当たりません

A社は携帯を機種変更した時も割引や機種代金が1ヶ月遅れで計上されるので、割引も次月からかもしれないなと、様子を見ることにしました。

しかし翌月になっても割引の項目はありません。
それどころか、コラボ光の料金も聞いていた金額より高い気がします。
コラボ光の料金は4,300円(税抜き)と聞いていましたが、それよりも1,000円くらい高い5,300円(税抜き)になっているのです。

おかしいと思い、A社のコールセンターへ電話をしてみました。

すると、手続きをしたはずのセット割引が、手続きをしたことになっていないことがわかりました。

何かの手違いかもしれないから、手続きをした販売店へ連絡してみてくれと言われ、その場は電話を切りました。

すぐに手続きをしたA社の販売店へ電話をし、事情を説明しました。
店員さんでは確認ができないため、店長さんが調査をし、連絡をくれることになりました。

できていなかった手続き

数日経って、店長さんより電話がありました。

確認したところ、次のことがわかったという連絡でした。

  • 販売店での手続きは、システムも含めちゃんとできていた。
  • なんらかの事情で、A社側のシステムに反映されていなかった。

えーーー!?システムに反映されていなかった・・・なんてことがあるの!?

驚きながらも本来なら受けられるはずだった割引について確認してみると、きちんと対応してくれると回答をいただけました。

  • 過ぎてしまった2ヶ月分の9,000円(1,500円×3回線×2ヶ月)は、今後の通信料から割引をする。
  • 同時に次の請求からは、4,500円(1,500円×3回線)の割引をする。

これを約束してくれて、携帯代金については解決しました。

でもコラボ光について聞いていた値段と違うことも店長さんに聞いてみましたが、これについては私たちの理解不足だったということになりました。

「コラボ光の担当者が4,300円と言ったのは、携帯代金の割引などを含めると実質負担がそれくらいになるという意味だったのではないか」

「説明をした担当者は、もうこの店舗にいないので、真意はわからない」

「そもそも4,300円とは言っていないのではないか」

「コラボ光は5,300円(税抜き)であってるはず」

などの説明を受け、コラボ光については納得はできていないながらも為す術もなく、料金トラブル問題は終結となりました。

・・・終結したように思っていました。

やっぱり光も高いんですが?

あれから十数ヶ月たった先日になって、コラボ光の説明を受けた時に担当者が手書きで描いてくれたメモが見つかりました。

そこにはハッキリとこう書かれていました。

回線使用料・・・3,800
機器レンタル料・・500
Wi-Fi・・・・・1,000・・・・・本当は5,300円
ーーーーーーーーーーーーー
3つセットだと割引で、4,300円になる

やっぱり、4,300円て書いてある!!

またA社のコールセンターへ電話をかけます。

コールセンターの担当者にかけると・・・
「光の料金は光センターへ問い合わせてください」
とのことで、電話を切り光センターへ掛け直すことに。

光センターへ電話をかけてみると・・・
「割引は携帯代金とのセット割引を適用すると自動的に反映されるものなので、A社コールセンターへかけてみてください」
と言われる始末。

これって、たらい回しってやつじゃないの??

渋々A社コールセンターへ電話をかけると、またまた「光センターへ」と言われたので、経緯を説明しました。

すると慌てて調べてくれて、次のことがわかりました。

  • 携帯代金の割引ができていなかった時に帳尻合わせのためにとった手続きが「仮登録」というものだった。
  • 仮登録だったため、光の割引が2ヶ月間で消滅してしまった
  • 仮登録期間に本登録をしなければならなかったが、担当者がそれを知らなかった
  • きちんと登録できていれば割引になるはずの1,000円が割り引かれていなかった

こういう経緯だったんですね〜〜〜

コラボ光が1,000円高いと感じていたのは間違っていなかったことがわかりました。

A社コールセンターで、この場できちんとした登録を行うので、今後は割引が適用されるという説明を受けました。

「今後!?では、今まで受けられるはずだった割引はどうなるの?」

担当者へ聞いてみると
「そこは光センターでの対応になるので、光センターへ電話を転送するので、光センター担当者へ話してみてください」
とのこと。

今日は何回A社と光センターのコールセンターを行ったり来たりするんだろうと考えながら、光センター担当者とお話をしました。

光センターでは本来なら徴収することのなかった20,000円(1,000円×20ヶ月)を返金してくれることになりました。

ただ、現金で返金ができないことと、光の契約料から返金することはできないことから、次月分以降の携帯代金を返金金額を差し引いた額での請求にしてくれるという話になりました。

明細を確認しなかったら

だいたい毎月の料金が決まってきてしまう携帯代金は、細かく料金明細を確認しないという人も多いと思います。

しかし、今回の出来事で料金明細を確認していなかったら、気がつかずに払い続けていたと思われる金額は次のようになります。

  1. 携帯からのセット割引
    1,500円×3回線×24ヶ月・・・108,000円
  2. コラボ光のセット割引
    1,000×24ヶ月・・・24,000円

合計132,000円

これは今現在までの割引額なので、このまま損失は増え続けていくことになります。

これだけの金額を、払わなくても良いはずなのに支払い続けるなんて・・・
考えただけでも、怖くなりますね。

ほとんどの業者では手違いなんてないと思います。

しかし、システムやマニュアルで新人店員さんでも手続きがしやすくなっている社会です。
そんな時こそ、自分が何にいくら支払っているのか、web明細をしっかり確認した方が良いと感じた出来事でした。

最後に

このお話は、携帯会社A社が悪いわけではありません。

ただ、運が悪く、機械(システム)が正常に作動していなかったことが原因です。

このことで得たことは、自分が手続きをして契約したものは、きちんと確認を怠らないということです。

近い将来AIができるようになる仕事はたくさん想定されています。
便利な世の中になったのは、喜ぶことなのか悲しいことなのか・・・
それはわかりません。

ただ自分でしなければならないことは、きちんとしっかりする。
そう勉強した出来事でした。

最後に、今回のことでお世話になった方、特に丁寧に対応してくださったコールセンターの方に、この場を借りてお礼申しあげます。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 冴木隆 より:

    こんちわ~^^
    なるほどねぇ。
    今、いろんなサービスがあるから、
    複雑になってきているし、
    しっかり確認するのが必要ですね。

    • 桜子 桜子 より:

      >冴木隆さん
      コメントありがとうございます!
      なんでも機械処理になってきてるからか、コンビニとかだとPOSが間違えていてもバイトの人が気づかないことが多かったりします。
      先日は780円のお酒が98円で設定されていて、払う私が驚いていても、店員さんは何も疑問に思っていなかったです(^^;
      逆だと苦情来ちゃいますよね〜