夏休みの旅行にもオススメ!金コマが選ぶ海外ツアー

先月後半から今月の初旬まで、海外旅行へ行ってきました。

行き先はアメリカはラスベガス
ラスベガスからグランドサークルを周りグランドキャニオン国立公園内で宿泊、パワースポットで人気のセドナへ立ち寄りモニュメントバレーで宿泊、アンテロープを観光し後半はラスベガスで遊びまくるという、なんとも欲張りなプランです。

今日はどうやってプランを決めたのか、そしてなぜそのツアーにしたのかをお話しします。
金コマがオススメする「リーズナブルながらも少し贅沢な旅行」です。

プランの決め方

旅行プランにはいろいろなものがあります。

  1. 飛行機とホテル、現地でレンタカーを全て個人手配する。
  2. 飛行機とホテルがセットになったダイナミックパックにし、現地はレンタカー。
  3. ダイナミックパッケージに、現地ツアーをつける。
  4. 全てがパックになった、パックツアーにする。

いろいろあって迷います。

そこで、今回の旅行で「これははずせない」と思う条件を書き出してみました。

  • グランドキャニオンでは公園内に泊まりたい。
  • アンテロープキャニオンで光のビームを観たい!
  • モニュメントバレーではザ・ビューホテルに泊まりたい。
  • ラスベガスでベラッジオの噴水ショーを見たい。
  • セドナの街に足を踏み入れたい。

このような条件になりました。
そして次はこの条件と似たような旅行をした人のブログを読みまくります。

1と2のプランは自分が行きたい場所に自由に好きなだけ行けるところが良い。
しかし個人旅行の場合はアンテロープキャニオンでチケットや見学時間まで並ぶことになり、ビームが見られる正午前後に入れないかもしれない。
またザ・ビューホテルは90室程度の小規模なホテルなため、予約が取りにくい。

3のダイナミックパッケージに現地ツアーをつけるプランは、パックツアーで同様のコースを周るプランの1.5倍ほどの料金になってしまい割高。

4のパックツアーはザ・ビューホテルに泊まれるかの確証はないけれど、予約が早ければ泊まれる確率が高く、トータルでみると割安。

ブログを読み漁りリサーチした結果、4のパックツアーにすることに決めました。

そうと決まればパンフレットを集めます。
集めたパンフレットで条件に合うか確認します。
うーん、セドナへ立ち寄るツアーがあまりありません。
その中で条件に合うツアーは2社でした。

そこで、金コマ主婦お得意のエクセル登場です。
どっちのプランがトータルで好条件なのか、比較してみます。

旅行会社A、旅行会社Bとします。

料金はBの方が安いようです。それにBは食事がついているので、販売価格以上にお得感があります。

国際線の飛行機は、AはJAL利用とわたしの中ではポイントが高いです。

ホテルはAのバリーズが立地が良いため、アクティブに過ごす拠点としては良さそうです。

アンテロープキャニオンはBはアッパーだけの観光ですが、Aはアッパー・ローワー両方へ行くようです。

後半ラスベガスで遊ぶためには、AもBも延泊が必要になります。
延泊代金はBの方が少しだけ安いようですが、Bは最終日にマッカラン空港への送迎がなくなってしまいます。

ロサンゼルス国際空港ではAは現地係員が乗り換え案内をしてくれるようですが、私たち夫婦は自力でなんとかしてしまうタイプなので、あまり必要性は感じないかな〜。
(この時はそう思っていましたが、帰りの乗り継ぎで現地係員がなぜいるのか、そのありがたみを実感することになるとは思ってもいませんでした・・・)

などなど比べてみて、最終的に旅行会社Aのプランにすることにしました。

では、旅行会社Aとはどこかというと・・・
JALパック」です。

なぜJALパックにしたのか?

一番の決め手は、アンテロープでアッパー・ローワーの両方へ行くところです。
現地ツアーでも両方周るツアーは少数で、パックツアーではとても珍しいものでした。

またラスベガスのホテルは立地が大切なこと。
バリーズは立地の良さでリピーターが多いホテルです。

そして、片道30,000円プレミアムエコノミーへアップグレードできること!
プレミアムエコノミーへアップグレードできるパッケージツアーは他社でもありますが、片道40,000円と往復2名で40,000円も高い設定でした。
(※価格は旅行当時の商品価格です)

お金をかけずにプチセレブ感を味わうには、プレミアムエコノミーは申し分のないセレクトです。

これが、もう〜快適で大正解でした。

どう快適だったのかは、長くなってしまうので次回の記事でお話ししたいと思います。