グランドキャニオンの朝日 ー金コマが行くグランドサークルとラスベガス7ー

こんにちは!桜子です。ご訪問ありがとうございます。
この記事は2017年5月下旬に「JALパック グランドサークル6日間じっくりコース」で訪れた、グランドサークルラスベガスの旅行記です。
※6日間のツアーにラスベガスで2延泊をつけています。

アメリカ旅行3日目の朝。

今日はグランドキャニオンの朝日を見て、セドナモニュメントバレーへと行くスケジュール。

ヤバパイロッジを出発

日の出は5時30分の予定
4時40分にアパートメント前で集合です。

外の気温は7度。
持ってきた薄手のダウンコートを羽織り、外へ出ます。

集合場所に集まると、上着を忘れたメンバーが、ロッジの毛布にくるまっています。
それくらい、昼間とは気温が違います。

全員が集まったところで、シャトルバスのバス停へ移動。
朝日を観るポイントまでは青ルートに乗ります。

実はこのツアーはなんでもガイドさんが教えてくれて手配してくれるので、どのポイントで朝日を観たのかが、自分ではちょっとあやふや。

昨日もグランドキャニオン観光を知り尽くしたガイドさんが、夕日を眺める穴場ポイントへ連れて行ってくれたり、写真を撮ってくれたりと至れり尽くせり。
おかげで自分たちだけでは撮れなかっただろうなと思えるような写真が撮れたり、何回も日の入りを観られるようなルートで周ってくれたりと、いいことずくめでした。

わたしはJALパックのツアーに組み込まれている行程ですが、このツアーは現地で申し込むこともできます。

ラスベガス発ではもう少しリーズナブルなツアーもあるようですが、今回のグランドサークルツアーではガイドさんの努力大きな違いを生んでいました
そのお話しは、アンテロープキャニオン編でお伝えします。

初めてグランドキャニオンへ行くなら、ネバダ観光サービスのツアーはオススメです。

ポイント到着

日の出鑑賞のポイントへ到着。
すでに空は明るくなり始めています。

少しするとたくさんの人が集まってきました。
団体旅行でしょうか。日本語を話す人が大勢やってきました。
なんか懐かしい。

日の出を撮影するために、鑑賞場所を決め、日の出を待ちます。
あの少しだけオレンジ色の濃いあたりから、太陽が出てきそうです。

グランドキャニオンで観る日の出
まもなく時間です。

オレンジの光が強くなってきました。

あっ!少しだけ太陽が見えてきました!

日の出です。

さすが朝日は強烈な光です。
これより先はiPhoneでの撮影は難しいかな。

朝日を浴びて岩肌もオレンジに輝いています。

昨日見たグランドキャニオンとは全然違う景色です。

息を呑む美しさ。

写真では伝えられないのが惜しい。
この景色を、心に焼き付けます。

まだまだ影になっている場所も残っていますが、グランドキャニオンの夜が明けました。

朝日が昇ったら、バス停へ移動し、ロッジへ戻ります。

グランドキャニオンで朝日を見るなら

  • 朝晩は冷えるので、防寒対策はあった方が良い
  • グランドキャニオンは画素数が多い一眼レフがオススメ
  • 朝日が昇った後は眩しいので、サングラスは持って行こう!

さぁ、次は楽しみだったセドナです。
今日はどんなステキな旅が待っているのだろう。

コーヒーを飲みながら準備します。

それでは、次の目的地セドナへ向けて、出発!!