サクララウンジに潜入! ー金コマが行くグランドサークルとラスベガス1ー

出発当日。

ワクワクしながら成田空港へ向かいます。

搭乗する飛行機は17時25分成田発のJL62便です。
しかし私たち夫婦には野望があるため、13時には空港に着いていたい。
成田空港まで時間がかかる距離に住んでいるので、午前中に家を出発し、成田エクスプレスで空港へ。

ドルはどれくらい持って行く?

成田空港に着いたら、まずするのが両替です。
空港ロビーに入っている両替所を何ヶ所かまわり、レートを確認します。
そして一番レートが良かった千葉銀行で両替します。

両替する金額は、2人で$100です。
日常生活はほとんどがカード払いになるので、現金はチップとカジノ代くらいしか使いません。

いまのアメリカはカードの使用率が非常に上がっています
屋台からファストフードまで、どこでもカードが使えます。
カードは店員さんに渡すことも少なく、自分で刺しPINコードを入れることが多く安心です。
また、サインも液タブで書くため、煩わしさがほとんどありません。

ホテルのチェックイン時にデポジットとして、使用可能なカードの提示を求められるので、アメリカ旅行クレジットカードは欠かせません

もしクレジットカードを持っていないという方は、アメリカ旅行の前に考えてみてはいかがでしょうか。

海外旅行に最適なカードを厳選!(外部サイトを表示します

普通に遊ぶだけなら、現金は$100もあれば十分です。

また「カジノで遊ぶすぎて現金が足りない!」という時は、両替をするよりもカードでキャッシングをする方が手数料が少なくて済みます。
余ったドルを日本円に戻す時の手数料は高いので、ドルへ両替する金額は最低限にしておくことがオススメです。

最終的には帰りのラスベガス空港で現金を使いきることができたので、ちょうど良い金額だったと思います。

さぁ両替が済んだら、JALパックカウンターで手続きです。

ツアー会社カウンターで手続きは面倒?

わたしが利用したツアーはJALパックです。

なぜこのツアーに決めたのかは、前回の記事でご紹介しましたが
(詳しくは下のリンクで)

先月後半から今月の初旬まで、海外旅行へ行ってきました。 行き先はアメリカはラスベガス。 ラスベガスからグラン...

プレミアムエコノミーへのアップグレードが安くできたことも理由の一つです。

なぜアップグレードにこだわるのか、それはサクララウンジが使えるから。

サクララウンジはカレーが美味しいのです。

(詳しくはこちら)

パックツアーには「ビジネスクラスで行く〇〇」や「上級エコノミーで行く〇〇」のように、最初から上級クラスで行くツアーがありますが、価格...

通常海外旅行ツアーの集合は、出発の2時間前にツアーカウンターです。
とうぜん今回のツアーも2時間前にツアーカウンター集合となっています。
しかしラウンジでカレーが食べたいので、早く出国したくて仕方ありません。
今はまだ出発の4時間前。集合の2時間前です。
早々に受付ができるかわかりませんが、ツアーカウンターへ向かってみます。

・・・カウンター、誰もいません。

カウンターの上にプレートがあり、こう書かれていました。

「ただいまの時間は受付をしておりません。お急ぎの方は下記番号までお電話ください」

まずは電話してみます。

「すみません。ツアーの集合時間には早いのですが、カウンターへ着いてしまいました。やはり手続きは時間まで難しいでしょうか」

「大丈夫ですよ。でも職員がカウンターへ向かっても10分くらいかかるので、よろしければそのまま直ぐそばに見えるJALカウンターで手続きをしていただけますが、いかがですか?」「お客様はラウンジサービスがついていますので、このまま出国手続きを済ませてラウンジでおくつろぎいただく方がよろしいかと・・・

やったー!!
今回のツアーは団体旅行ではなく、定員2名なのが良かったのかもしれません。

早速JALカウンターへ向かいます。

プレミアムエコノミー専用カウンターは誰も手続きしていません。
直ぐに手続きが済み、あっという間に出国審査です。

楽しみにしていたサクララウンジに潜入!

出国審査が済んだら、早速腹ごしらえです。

サクララウンジは目立つ場所にあるので、迷うことはありませんでした。

ドキドキしながら入ります。

自動ドアを入った正面が受付カウンターになっています。
搭乗券を見せると、サクララウンジへ誘導されます。
カウンターに向かって左側がファーストクラスラウンジ、右側がサクララウンジです。

サクララウンジへ入ると、まずエスカレーターで1階へ。

1階はドリンクとクッキーなどのスナックでくつろぐラウンジとなっています。

一面大きな窓になっていて、JAL機も眺められる明るくて開放的な空間です。

まずは入って直ぐ左手にあるロッカーへ、手荷物を預けます。

暗証番号で開閉するタイプです。
これで身軽に動くことができます。
ロッカーがあるのは、非常に便利でした。

ロッカーを出て直ぐ隣には階段があります。

そしてこの螺旋階段を上ると、2階がダイニングとなっています。

カレーは2階です(笑)
さっそく2階へ上がります。

わたしはJALのカレーが大好きなのです。

乾いた喉をビールで潤しながら、カレーをいただきます。
ゴロゴロビーフがたまらない。
昼にいただくビールは最高!
幸せな休暇の始まりです。

お腹がいっぱいになったら、次はショッピングです。

金コマは免税店を最大限利用する

免税店の魅力は、ハイブランドの商品が国内より安く手に入ることです。

消費税がかからないので、少なくとも8パーセントは安く買えます。

今回の狙いは、エルメスのネクタイ!!

円高であればアメリカで買う方が安いかもしれませんが、円安な今は免税店とアメリカで買った場合では、さほど変わりがありませんでした。

最近は免税店も事前予約ができたりと価格が事前にわかるので、渡航先のストアサイトなどで価格を調べ比べておくと、迷いなく免税店でショッピングができます。

注意点として、免税店と正規店舗では、少し取扱商品の種類が違うことがあることです。
こちらは事前に免税店へ電話で問い合わせるなどしておくと安心ですね。

これもステキ、あ〜こっちの色もステキ、と迷いながら、2本のネクタイをエルメスで購入しました。

わたしの化粧品も事前に決めていたので、迷うことなく購入。

化粧品はJALの免税店で購入。
実は旅行が決まった時点で、今まで使っていたデパート系のクレジットカードを解約し、JALカードを作っていました。
この旅行ではJALカードを使うことでお得になるポイントがいくつかあったからです。

お得ポイントその1JAL免税店での割引です。
こちらの免税店では、通常価格の21パーセント割引でしたが、JALカードで支払うとそこから更に10パーセント割引になります。

結果的にデパートより約30パーセントも安く買え大満足です。

JAL系で旅行するなら、JALカードが圧倒的に楽しいです。

出発までは飛行機を眺めながらまったりと

免税店でのショッピングが終わったら、あとは搭乗時間までまったりと過ごします。

再びサクララウンジへ。

ラウンジ内は搭乗案内も流れるので、うっかり飛行機を待たせてしまう心配もありません。

窓際の席で飛行機を眺めながら喉を潤すひと時は、非日常的で至福の時間です。

そろそろ搭乗時間のようです。

これからどんなステキな旅が待っているのか。
サクララウンジで過ごす時間が、旅行への期待をいっそう膨らませてくれます。

期待感がMAXになったところで、さぁ、出発です!!